清く 楽しく 美しく 朗らかに 華やかに♪

なりたい自分になるために、勉強中です!思考錯誤、日々考えたことなど、共有できたらと思っています。大好きな宝塚についても発信したいと思っています。よろしくお願いいたします。

読書メモ)うまくいっている人は朝食前にいったいなにをしているのか 著ローラ・ヴァンダーカム/訳桜田直美

読書メモ)うまくいっている人は朝食前にいったいなにをしているのか 著ローラ・ヴァンダーカム/訳桜田直美
 
ちょうど「神・時間術」を読んでいて、朝の時間は脳のゴールデンタイム~というところから出会った1冊。
実際は、朝だけでなく、週末、1週間168時間の過ごし方を変えて「やりたいことをすべてやる人生にしよう!」という時間術のお話でした。
 
朝の時間にするべきこと
「面倒くさくてやりたくないけれど、きちんと続けていれば長期的に大きな見返りがある行動」
1.キャリアの発展につながる行動-戦略を練る集中力の必要な作業
2.豊かな人間関係につながる行動―家族や友人に最高の自分を提供する
3.自分を育てる行動--運動・瞑想など精神面を鍛えること、創造的な活動
なぜか。
意志のちからは有限で、筋力と同じで使いすぎると疲弊する 。意志力を使い果たしていない朝は
まだ意志力とエネルギーがたくさん残っているので、内なる動機が必要な行動や、すぐに見返りが手に入らないような活動であっても、前向きに取り組め
 
朝の時間にしてはいけないこと
希望に満ちた朝の時間をルーティン作業で浪費したりしない。
締め切りの決まっている仕事は追い詰められればやらないわけにはいかない。掃除や洗濯さえ、永遠に先延ばしにされることはないから、
朝のゴールデンタイムにわざわざするのは勿体ない
 
週末の過ごし方を変えよう
金曜の午後6時から月曜の朝6時まで「60時間」が週末。もし24時間寝たとしても、まだ36時間も残っている。
これは、週5日間の労働時間に匹敵する!(考えたことなかった!)
週末って意外と少ない。
週末こそ計画が大事。平日よりもさらに万全の体制で臨むべし。休みを最大限に活用するには事前の計画が不可欠。
「期待」を利用する。週末になにかイベントを用意しておけばそれまでの1週間は「期待する」という純粋な喜びを味わうことができる
純粋な、というのは、実際のイベントは楽しいことばかりじゃないから。
 
週末になにをする?
普段できないことをする
好きなこと、楽しいことを思いっきりやり、それ以外は最小限に抑える、というすごし方。
人生でやりたいことリスト100を作る。エジプトのピラミッド見る!とかばかりではなくて。 簡単に実現できる夢をできるだけたくさんリストにする。
週末に3-5つイベントを入れるのが理想。このリストから週末を決めるとき使える
たとえば
金曜の夜
土曜の昼
土曜の夜
日曜の昼
日曜の夜
というふうに。
80まで生きるとしたら週末はあと4160回。
エネルギーを節約していると楽しいこと、意味のあることはなにもせず、しなければならないことだけで週末が終わってしまう
「しなければならないこと」だけをするような人生になってしまう!!
人生は未来に起こるのではない。
「もっと疲れていない日」や「もっと忙しくない日」まで人生は待ってくれない。
 
1週間の予定は日曜の夜に立てなさい
予定は紙に書くと実行される確率高くなる
7つの習慣。最優先事項を優先する。
自分にとって大切な役割について考える-「キャリア」「人間関係」「自分」「自分」の中には、運動・趣味など、自分にとって大切なものはすべて含まれる。
それぞれのカテゴリーごとに168時間以内に実行したいことを大切なことを2,3つ決めて手帳に書き込む。
それら全部を予定に入れてもまだたっぷり時間はあるはず。そしてそれがすべて実行できれば素晴らしい1週間になることは間違いない!
朝に予定を立てるとそこで意志力を使い果たし1日が始まる前に集中力を失ってしまう。
日曜の夜に1週間の目標を立てることで週末に区切りをつけ、目的意識を持って新しい1週間を始めることができる。
 
今年のクリスマスカードにどんな近況を書きたいか。
今年の終わりまでにどんなことを達成していたいか。クリスマスカード(日本人なら年賀状だろうか)にどんな近況報告を書きたいか。
1年の初めに年間の目標を決め→週間目標を決める
 
時間を最大限活用するための8つのステップ
「優先度の高いことにより多くの時間を使い、優先順位の低いことに使う時間を減らす」
1.タイムログをつける。できれば1週間、168時間分
2.カテゴリーごとにどれだけ時間を使っているか配分を計算する改善したいところは?
3.現実を見る。これからの168時間に何を入れるか決めるのは自分。時間がない、といわない。「それは優先順位が低い」と言おう
4.大きな夢を見る。人生でやりたいことリスト100を作る。個人的な目標、旅行で行ってみたい場所、仕事の目標
5.目標の予定を決める。1年後の自分に達成しておいて欲しいこと。クリスマスカードでどんな報告がしたい?
6.具体的なステップを考える。どこから手をつけていいかわからないことなら「調べる」がファーストステップ
7.計画を立てるための時間を作る
8.決めたことに責任をもつ。夢を夢で終わらせないために。友人に宣言する、アプリを利用する、同じ目標を持つグループを作るなど。
 
さいごに
やりたいことを全部やる人生。
自分のやりたいことってなんだろう。
「やらなければならないこと」に追われる平日。
「やらなければならないこと」と「平日の積み残し」と「たまに入れる楽しみ」に追われる週末。
その週末さえ、平日疲れてくると予定を立てるが億劫に。せっかく立てた計画さえ消化のために行く始末。
これでは1年終わったときに、「やらなければならないこと」に追われた1年、なにも残らなくなってしまう。
もうすぐ6月も終わり。ここから残りの半年だけど、クリスマスカードによい近況報告が書けるような過ごし方をしたい。